一時所得

一時所得には、懸賞や福引の当選金、競馬や競輪の払戻金、生命保険金の一時金や損害保険の満期返戻金、遺失物拾得者の受ける報労金等が含まれます。

<所得金額の計算方法>
総収入金額-その収入を得るために支出した金額
-一時所得の特別控除枠(通常は50万円)
=一時所得の金額

<税額の計算方法>

一時所得は、その1/2に相当する金額を給与所得などの他の所得と合計して総所得金額を求め、確定申告します。

但し、懸賞金付預貯金等の懸賞金等、一時払養老保険、一時払損害保険等(保険期間が5年以内である等一定の要件を満たすもの)については、20%(所得税15%、地方税5%)の税率による源泉分離課税が適用されるため、他の所得と合計する必要はありません。