印紙を貼らなかったらどうなる?

収入印紙を貼るべき文書(課税文書)に印紙を貼らなかった場合、印紙税法違反になります。しかし、印紙を貼り忘れたとしても、その文書の効力については、印紙があってもなくても変わりません。

例えば、契約書に印紙を貼り忘れた場合、印紙税法違反にはなりますが、契約書としての効力には全く影響がありません。

しかし、「印紙を貼るべきところで貼らなかった=脱税」となりますので、やはりそれ相応のペナルティがあり、過怠税(かたいぜい)というものが定められています。

過怠税の額は、納付しなかった印紙税の額+その2倍に相当する金額との合計額(=当初納付すべき印紙税の額の3倍)相当となっています。但し、調査を受ける前に自主的に不納付を申し出たときは1.1倍になります。

なお、貼り付けた印紙を所定の方法によって消印しなかった場合には、消印されていない印紙の額面に相当する金額の過怠税が徴収されることになります。


印紙税・収入印紙の基礎