白色申告

白色申告は簡単ですが、青色申告のような控除もなく、メリットが少ないので節税効果は今一です。

白色申告を用いる場合、日常の記帳義務はありません。但し、前年または前々年度の不動産所得、事業所得および山林所得の金額の合計額が300万円を超える場合は、白色申告を用いる場合でも記帳義務があります。

青色申告の方が断然お得なので、できるだけ青色申告で確定申告するようにしましょう。